ページ

2015年12月17日木曜日

捨てられない生地、思い出の生地、どうしたらいいか困っている生地をリフォームしませんか?

先日、系列店舗の3DAYS GRUNGEでビンテージ生地を使用した
クッションカバーを作りました。
ドイツのビンテージ生地ということもあり、柄も特徴的で印象が
ガラッと変わるクッションカバーです。
今日はお店で写真を撮らせてもらってます♪

<Before>
加工前のビンテージ生地。


<After>
ビンテージ生地を使用して切替のクッションカバーに仕立てました。
一緒にジェケットの一部も使いながら、面白いカバーになりましたね。


表と裏の間にパイピングコードを入れてデザイン的にも素敵な一品に。


ファスナーも付けてカバーの出来上がりです。


色違いでグリーンの配色もあります。
加工前の生地は店舗でも販売中ですので、この柄が気になる方は
3DAYS GRUNGEまでお問合せください。


今回は店舗のオリジナルクッションの製作でしたが、
随時、お客様からもオーダーメイドや加工、お直しまで承っております。
お気軽に各系列店舗スタッフまでお声がけください。

22Factory

0 件のコメント:

コメントを投稿